TOP WORLD CHARACTER GALLERY SPECIAL PRODUCT WEBCOMIC
Tiaraの世界


ストーリー
地図
セリオン学園
デルフィ

■首都セリオンのあるデルフィ地方


連合国家エリュセリオンの新首都セリオンは、元デルフィ国、現デルフィ地方北西部に築かれました。(位置詳細はこちら
デルフィ地方は南に海を臨み、北はキュプロッサへ続く山脈、東はパスティラルの草原地帯、西はザメルキア地方に囲まれています。

エリュセリオン建国以来、デルフィの東西を貫く街道と南の港のおかげで、各地の交易の中心となり賑わっています。

デルフィ地方は自然が豊かで、平原が大半を占めます。

キュプロッサへ続く北の山の麓には、広大な森林地帯が広がっています。

この森は、一人で入ると迷って出られなくなるとも言われるほど深く、時に不気味に感じられます。

また、人に害をなす未知の生物が出没したり、盗賊などが潜伏している事もあるので森野奥へ迷い込むと大変危険です。
デルフィ地方の北西部、セリオン城の西側には湖があります。

城から臨むと穏やかな湖も、場所によっては闇のように深くなっています。

湖の底に大昔に沈んだ街がある、というまことしやかな言い伝えがこの近隣にはありますが、真相は定かではありません。

湖畔の森の中に、朽ちた古い塔が建っています。

塔は元デルフィ城の敷地を通過しないと近寄れないため、間近で見た事のある者はほとんどいません。
塔は大昔に放棄されたものの、しっかりした造りが故に倒壊の危険もなく今もひっそりと森の中に佇んでいます。

何の目的で建てられたのかも不明な塔は長らくデルフィに管理されてきました。

かつてこの塔には魔法力が溢れていたという説もありますが、真相は闇の中です。

デルフィでは今も、誰が何の目的で建てた塔なのかを研究中です。
セリオン城から街道を南下すると、新首都セリオンの街へ到着します。

城の近くでは森の中を街道が進み、南へ行くに従って平原になり、見通しが良くなってきます。

ネレアスでは近年発明された汽車が活躍を始めたという話もありますが、デルフィでは馬車や馬が主な交通手段になっています。

セリオンの街のすぐ南には、昔ながらのデルフィの街が繋がるように位置しています。

セリオンの町並みは新しく、職を求めたり各地からやって来たりする人達で賑わっています。

新興で各地からやって来て賑わうセリオンの街と比べるとデルフィの街は庶民的で、より活気があります。

現在では、新旧ひとまとめにしてセリオン市街地とされています。


to be continued...

SymphonyTOPページへ
(C)2008-2008 Symphony All Right Reserved.