ご案内サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ
2011年11月23日(火)【萌えろ!!草野球大会!】
準備編へ

大会当日編へ

二次会編へ

数年ぶりの独自イベント開催へ
発売日が近づいた、Symphony新作『Fortuna Rhapsody』。
新作発表をするまでの沈黙期間が長かったため、きっとSymphonyの存在ごと、世の中から忘れ去られてしまっているに違いない。
いや、そもそも知名度のないメーカーだ。
ここは独自のイベントを開催して、世にアピールをせねばなるまい!

そんなこんなで動き出した、独自イベント企画。

そうは言っても、何をやれば……?

以前のようにライブをやるには急すぎる。
そもそも認知されてからライブをやらないとお客さんが来ないので、本末転倒。
赤字が確定する。
では、何をやるか?

初心に帰ってSymphonyらしく、ゆる~いイベントをやろうではないか。


というわけで、Symphony長年の夢、河川敷野球場で野球大会を開催することにした。
会場確保編
野球大会をやるのには、やっぱり野球場が必要だ。
河川敷で勝手に野球をやってはいけない決まりは特にないようだが、イベントとしてやるからには勝手にやるわけにはいかない。
きちんと野球場を借りて、誰からも怒られないような状況で行うことが最低限の条件だ。

というわけで、多摩川、荒川、江戸川の三河川をターゲットに会場を確保に奔走する。
会場確保係はみそら氏。
この道40年の彼に任せれば、どんな球場でも簡単に確保できることうけあい!


しかし、程なくして河川敷は厳しいことが判明。
まずその地区に居住していないと厳しい。
そして、企業の場合は複数人の勤務者の登録が必要となる。

この条件二つとも、Symphonyは当てはまらない。
すると、抽選にすら参加できないようだ……。


次にターゲットを「都内23区内」に定める。
河川敷という背景はあきらめ、アクセスのしやすい都内グラウンド。

こちらは区内在住だったり都内在住だったり、全く不問だったりいろいろな条件がある。
しかし、Symphonyの事情を当てはめると、諸々あって数えるほどしか抽選に応募できない

選択の余地が少ないながら、ようやく抽選参加にこぎ着けたSymphony。
半月ほどの期間を経て、抽選の結果は……。


落選!

すでに野球大会を告知してしまったSymphony。
会場が取れないなら、カラオケ大会でも開催するか?
いや、まだだ。まだ終わらんよ!

そう、抽選結果が出た後、キャンセル待ちというのがある。
そう、自動車教習所に通ったことのある人ならわかるであろう、あのキャンセル待ちだ!

キャンセル待ちは、決められた日の0時の時点で、早い者勝ちというシステムらしい。
その日はあいにく車で大阪へ行かなければならない日。
ノートパソコンを持ち、0時になるタイミングでわざわざパーキングエリアで待機。
キャンセル待ち作戦を敢行した。

深夜のパーキングエリアにて

深夜のパーキングエリアでは、なんでも美味しそうに見えてしまう。
奥でラーメンを食べている方を見て、思わず食欲をそそられるが、それどころではない。
気合いを入れて、キャンセル待ちに突撃した。

そして、その結果は……。

落選!

またしてもだめ!


これで目標としていた11月の開催はほとんど無理になってしまった……。


別のイベントを考えなければならないと、残念な気持ちであれこれ思案する日々。
そんなある日の朝だった。
出勤してきたみそら氏が、立ち上げたばかりのPC上のブラウザを眺めて一言。

「高尾のグランドが空いてる」


キャンセルが出たのか、最初から埋まらなかったのか。
軽く調べた程度だった23区外のグランドが、なんと空いているのを見つけたのだ。

即座にグランドを予約する。

問題なく確保!


これで、野球大会開催が確定となった。
後は、参加者と当日の天気次第である。
参加者募集編
開催決定!
グランドを確保し、野球大会開催と急転したSymphony。
急いで準備を開始した。

Webサイトを整備し、参加者の募集を開始。
当日の進行などをざっくりと検討……。

まあ、ゆる~いイベントになるだろうから、ある程度行き当たりばったりでも問題はないだろう。
そう余裕をかましていた数日後……。


参加者激増!

どうやら、このイベントの情報がまとめBlogで取り上げてくださったらしく、意外なところで話題になっているのだとか。

当初の予定では、5人対5人くらいでのんびり試合ができれば良いかな~などと想像していた。
しかし応募してくださったのは、その時すでに40人弱。
そんな悠長な事を言っている次元のイベントではなくなっていた……。



人数が多いとなると、きっちり仕切らねば大変なことになってしまう。
ゆるいイベントとはいえ、あるていどルールを決めよう。
とか言っているうちに、参加者は50人を超えた。
人数と時間を考慮し、無制限にしたいところを60人までに限定した。
それ以降は、欠席者が出たときの補欠参加。
参加者の人数を限定した後、準備作業を続行する。
大人数だと参加してくださった方とゆっくり話をする時間もないだろうと、二次会に飲み会を設定する。
チーム分けをきっちりとし、ユニフォームもどきに背番号を描いたりする。

そうこうしていると、参加者は最終的に見学、補欠、関係者も含めて100人弱というとんでもない人数に膨れあがってしまっていた……。
大丈夫なんだろうか、本当に……。
準備編
開催が決定し、募集以外の準備も急ぎ進めた。
カラーバットとカラーボールを用意する。
バットは練習にも使えるだろうと、4本用意。
ボールは紛失対策で、こちらも複数用意。

ユニフォーム作成風景

そして、ユニフォームの様な物を準備。
Symphonyに山積みになっていた在庫のTシャツに、手書きで背番号を書き込んでいく。


ちなみにこの背番号のフォント、WBC日本代表の物を真似しました。
後で検証して、「完全に一致!」とかやらないでくださいね!(^^;


さてこのユニフォームもどきの作成、簡単な作業だと思っていたのだが、これが偉い時間がかかった。
しかも、レギュラーの座を獲得した60人分作るのだから、大変な作業となり、なんと徹夜して当日の朝に全てができあがったほどだった。

ユニフォームのような物

さて、これで一通り準備完了!

後はゆくのみ!


大会当日編へ続く


※以下は、募集時のルールと参加者一覧とQ&Aです。
萌えろ!!草野球大会!ルール
『萌え草』譲れないルール 投げ当てあり、透明ランナー無し
バット 市販プラスチック製バット。玩具店などに売っている物を使用します。
(Symphonyが用意いたしますが、お持ちこみいただくことも可能です)
金属バットや木製バットは禁止です。またビニールテープを巻いたり、鉛を巻いたり、釘バットにするなどの改造は禁止とします。
好みのステッカーを貼ったり、ペイントを施して痛バットにしたり、グリップを補修程度はOKです
重さ、硬度など、プラスチックバットの性能に手を加える事は、怪我の原因になるため禁止となります。
ボール 直径75mm程度の市販の色つきゴムボールを使用
(Symphonyが用意いたします)
無くしてはこまるので、名前はきちんと書いておきましょう。
グローブ 幼少の頃を思い出して、素手でのプレイを推奨いたしますが、グローブをお持ちこみいただいてもかまいません。
服装 汚れてもいい動きやすい服装できてください。
ユニフォーム代わりとしまして、Symphonyが背番号(手書き)付きのTシャツを用意いたします。
ビブスの様に上からTシャツを着られるような格好で来てください。
金属製のスパイクシューズ等の接触プレイの際に危険なものは禁止いたします。
プレイ中は使用しませんが、サングラスは必須です。(Web掲載などの写真撮影用です)
競技場 1,2,3塁ホームベースは、距離20mを測って設置します。
ベースはSymphonyが段ボールの切れ端を用意します。
当日の風やピッチャーの投力によってマウンドの位置を調整することがあります。
チーム編成 9人1チーム(DH制導入チームは10人)ベンチ入り選手の人数制限はありません。
<DH制指名打者制について>
10人目の選手としてDH制を使用できます。(指名打者を9番目の打者として出場させる事ができます。DHはポジションの一つと考え、他のポジションとの交代も可能です。
例えばDHメンバーがいる場合、ピッチャーなどの選手が攻撃に参加しない事も可能です。)
また、対戦相手がDHを使用しない場合でも、9人対10人で試合しても構いません。
助っ人外国人選手は2人まで認められます。
1試合のイニング 1試合のイニングは3アウト交代の5イニング制です。延長はありません。
試合時間は50分となり、試合開始から50分たった場合、その時点で試合終了となります。
スコアはそのままが結果となります。
ロスタイムや引き分け時のPK戦はありません。
審判 審判は基本主審のみで行います。
また、試合に参加してない方がお気持ちで主審、塁審、線審をやっていただいたら嬉しいです。
つい熱くなってもめた時は、当事者同士じゃんけんが基本です。
試合が終わったら、ちゃんと仲直りしましょう!
デッドボール ありません。打者に投球が当たった場合、ボールカウントとなります。
だからと言って、当て放題というわけではありません。
わざと当てるのは、大量リードしている時に0-3から打って出られた時など、報復の時だけにしましょう。
盗塁、リード、牽制 全てありません。
ランナーは投球によってピッチャーの手からボールが離れれば、スタートを切ることができます。
しかし、盗塁ができませんので、打者がフィールド内に打球を打たない限りは元の塁へ戻ることになります。
リードができないので投球前のピッチャーによる牽制はあり得ませんが、投球後にランナーが飛び出している場合などは、キャッチャーなどから牽制する事ができます。
(ただし、牽制球が暴投となっても盗塁がないので、進塁することは出来ません)
リードはできませんが、ピッチャーに向かって「ヘイ、リーリーリー!」と煽るのはOKです。
ホームラン ホームランゾーンがないので、ランニングホームランがホームランとなります。
フォアボール フォアボールはありますが、満塁時のフォアボールはストライク、ボールカウントをリセットします。
エラー 楽しくプレーすることを重要視する為「エラー」はありません。
ボールを取りこぼそうが、暴投しようが、打者が打って出塁しすれは全て「ヒット」扱いとなります。
仲間を責めず、共に補いあってこそのチームプレイです!
相手ピッチャーが本気で嫌がっている時を除き、「ピッチャービビッてる、ヘイヘイヘイ!」などの野次もOKです。
3フィートルール 野手が走者にタッチするプレーの際、走者は走路(塁と塁を結んだ直線)より大きく逸脱するとアウトになります。
3フィートってどれくらい?となってしまうので、わかりやすくSI単位系で1メートル(大人の大股一歩くらい)以上走路より離れてはいけないこととします。
守備・打撃・走塁妨害、ボーク・インフィールドフライ等 初心者も混ざっての野球大会、通常の野球にあるような難しいルールは基本的に無しとします。
また、怪我をしては楽しめないので、プレー中お互いがぶつかるような場面では、譲り合い避ける方向でプレーを望みます。
その為、通常の野球では「守備妨害」「打撃妨害」「走塁妨害」「営業妨害」と妨害を抑制するルールがありますが、譲り合いのプレーを前提とし、接触などの妨害等ないものと考えてゲームを続行することとします。
判定がもめた時は、「ジャンケン」で判定いたします。
投げ当て あの頃、広場でやっていた頃を思い出す為、守備側のランナーに対しての投げ当てを推奨します。
外しても盗塁が無効なため、思い切って投げましょう。
軽く投げても当たる近距離で力一杯で投げたりするは、古来より喧嘩の元ですので禁止です。
※頭部はセーフ。
※二度当てセーフは無効
透明ランナー 人数が足りないときに採用される、ランナーがいると仮定して進められるシステム。
いわゆる透明ランナーは、今回は人数が足りているために無しとさせていただきます。
参加者一覧
<赤文字イニシャルの選手名>
本名っぽい登録名でしたので、こちらでは伏せて表示いたしました。

A チームVSB チーム
選手名背番号選手名背番号
ニック・まさお18A・T4
東京長門 11WhiteStar7
後藤1間宮悠 14
ロンギヌス糸井 53しろ 31
SHO_ 3ショフト1
サク 39ラプター27
〔鍵〕 42334氏334
魔将ガイエル 5ヴィヴィット37
ハタケ19MUKAE00
ナイン09江川40

C チームVSD チーム
選手名背番号選手名背番号
T・O32う~たん 7
にょれろん24緋村 りょーいち 13
茂木5アライ37
白銀51ナリタ10
くろす71K.H51
天ヶ瀬さくら15アルバート・プホルス5
けろけろ314YAMAMOTO34
ベンゾウ8タシロ9
タネコ25タケ39
アンダーバーZ39ハジメ12

E チームVSF チーム
選手名背番号選手名背番号
ラグナブレード2なおき1
夕凪和泉53BB-TKHR25
カブレラ内野手42カンコク99
kyotyo6小倉54
兄者4T・Y24
リアル誠くん19SHOU12
けんじ34たてはや47
さよなライアル33オリックス中後13
くらた23浜のナベクズ02
羽山司12ノブ69

控え選手
選手名希望背番号
1ひじり23
2あっと古木3,33
3チック33,4
4自称男・マラ田♂25,9
5トーリターニ1
6ロイ・ハラデイ34
7大淀1、00、37、46、52
8舘川
9殺伐89
10秋の風物詩66
11yu-ta21
12クラッド21
13あぽ82
14フリオ17
15廣山7
16マジカルアンバー72,25
17ノナカ
Q&A

<Q&A>
Q.9回までやるのですか?
A.5回程度を目安に、助長にならない程度にしたいと思います。

Q.グローブなど、用具は必要ですか?
A.ゴムボールを使いますので、素手でも大丈夫です。汚れても構わない、動きやすい格好をして来るだけで結構です。

Q.雨が降ったらどうするのですか?
A.どうしましょう? やけくそで飲みに行きましょう。

Q.更衣室・シャワーはありますか?
A.ありません。汚れても良い服装で参加ください。

Q.観戦のみでも参加して良いですか?
A.構いませんが、その場合補欠扱いと言うことで、背番号は3桁になります。

Q.女子マネージャーは萌えですか?
A.難しいところです。主人公とラブラブな関係ならば萌えですが、そうでない場合は目障りな存在となり得ます。

Q.膝に不安があるのですが、DHでも良いですか?
A.やむを得ません。DH参加で打撃に期待しています。

Q.負けたとき、グラウンドの土を持って帰っても良いですか?
A.来年があります。また来ると心に誓えば、持って帰る必要はありません。

Q.同業者ですが、参加しても良いですか?
A.既に参加したいとおっしゃる同業者、出版関係の方がいらっしゃいます。ぜひ参加してください。どさくさ紛れの宣伝も大歓迎ですし、販促用のお土産を持ってきていただけると皆さん喜ぶと思います。

Q.女子ですが、参加しても良いですか?
A.構いません。参加者中紅一点の場合、始球式をお願いします。


イベントレポート